何日か前に山口智子さん表紙の雑誌を立ち読みして
山口さんのインタビュー記事で素敵だなーって思った言葉
『人生の中でどれだけの感動と出合えるかが勝負』
『心身を淀ませないようにいつも一歩を踏み出す勇気を忘れない』
『感動し続け学び続けたい、そう願う限り年を重ねる事は最高にしあわせな事』
・・・効いてます心に。ものすごく今の自分に必要だった言葉みたい。
立ち読みだけじゃやっぱもったいなくてたった4ページの為に雑誌買っちゃった*鮮やかなスカーレットのドレスもモノトーンのドレスもほんとよく似合う。憧れの人です山口智子さん*

3日前に新作、その他お仕事newsにアップしてます
よろしくおねがいします♪
Img_6f89d78db34074af7a2ba736abe5d40e
今朝洗濯物干してた時なにか視線感じてふっと顔上げてみたら
・・・・・・・・・鳩!

くるんくるんの目で真っ正面からじっとこっち見ててびっくり。ベランダの目の前の電線に止まってじっとしてるからこっちもじっと見ちゃった。なんかかわいい 鳩!
また来てくれないかなー
Img_795e800a3eb3afccd19e9f7692277280
ここ最近いままでのお仕事のラフや原画の整理とかをずっとしてるんだけど、その整理と一緒に中学生の頃からつけてる日記類の整理もしていて。少しづつ読み返してるおかげで全く整理が進まないんだけどまだイラストレーターとして駆け出しくらいな頃の日記にシンプルな絵と一緒に書いてあった言葉

『わたしがえをかくのはナゼでしょう。
それはわたしのえをみてる人をみるのがすきだから』

・・・ちょっとぐっときてしまった。自分で書いたくせにへんだけど。まだイラストレーターなんて名乗れないくらい不安定な頃だったのに今のわたしよりうんと絵にひたむきな気がする。なんか敗北感 笑

思いをこうして日記にいつまでも残しておくのってなんか未練たらしいっていうかみんなが忘れてる過去も日記があるせいでいつまでも覚えてるってちょっとむなしさとか淋しさとか感じる事もあって半分くらい処分しようと決めたんだけど時々こうしたぐっとくる言葉なんかに再会してしまうとまた迷うんだよな。
Img_f3dfab77a1ac6f0858718a7b19880c06
このピンク色だいすき
Img_f260a000563d5d22fac4f1f757b74f47